• 自分の妻だったら、自分の娘だったら、この治療を行えるだろうか? 私がいつも診察で念頭に置くのは、目の前にいるママになりたいと願う方が「自分の妻だったら、自分の娘だったら、この治療をすることができるだろうか、この薬を使うことが出来るだろうか」ということです。
    •  医師紹介

      • おち夢クリニック名古屋 越知正憲
        院長
        ご自身の血液内の血小濃縮液を活性化したものを用いた治療法です。PRPには様々な成長因子(細胞を刺激し活性化させる因子)が含まれており、子宮内膜の着床環境を改善する報告や、卵巣への投与により早発卵巣不全、卵巣機能低下の症例で効果があり、妊娠例も報告されています。PRPの局所注入はこれまで婦人科領域以外でも整形外科や美容外科などでもかなり普及しています。
        自身の血液を用いた治療法ですので、アレルギー反応等の心配が少なく、これまでの国内外での使用において、重篤な副作用は報告されていません。
    •  基本情報

      施設名 おち夢クリニック名古屋
      所在地 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-19-12 久屋パークサイドビル8階
      診療時間 9:30~12:30 16:00~18:00
      休診日:金曜日午後、土曜日午後、日曜日午後、祝日午後
      対応科目
      • 産婦人科
      アクセス 地下鉄名城線・桜通線「久屋大通駅」徒歩1分
      駐車場 -
      その他施設情報
      • 土曜診療
      • 日曜診療
      • 男性医師
      ウェブサイト
    •  届出している再生医療に関する内容 / 参考費用 / 説明文書及び同意文書の様式

      難治性不妊に対する多血小板血漿(PRP)を用いた不妊治療 150,000円〜
      卵巣に対する自家多血小板血漿(自家PRP)を用いた不妊治療 220,000円〜
    •  アクセスマップ

      • TEL:052-968-2203
    • 公開日:2022年1月17日
      更新日:2022年12月27日
    • 施設閲覧履歴

      • 再生医療サーチからのお知らせ

        • サービスを開始しました。再生医療の周知啓蒙の一助となるように運営をしてまいります。ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。